自分に合うものを!コンタクトの種類を知っておこう

コンタクトレンズは安全なものが一番

視力の矯正ができ、見た目を左右しないコンタクトレンズは、今や欠かせないものになり、近年では瞳の色を大きくしたり、色を変えたりできるファッションアイテムにもなっています。コンタクトレンズは眼に直接入れるものであるため、合わないものを選んでしまうとトラブルの原因になります。そのため、どのような種類があるかを知り、自分の希望や合うものを選ぶ必要があります。安全に使用するためには、眼科医に希望を伝え、診断と処方に合ったレンズを選ぶと安心ですね。

コンタクトレンズの種類って?

コンタクトレンズには、ソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズがあり、どちらも眼科にかかり、医師からの診断と処方を受けた上で正しく使用しなければなりません。ソフトコンタクトレンズは、酸素透過性に優れた柔らかい素材でできています。角膜全体を覆うことができるので付け心地も違和感が少なく自然な装着感で、スポーツ時にも使用できます。ハードコンタクトレンズは、水をほとんど含まないプラスチック製のレンズで、分子レベルの隙間から角膜に酸素を供給することができます。角膜より若干小さく、装着すると違和感を感じることがありますが、光学特性が良く、視界がクリアに見えるというメリットもあるんですよ。

生活スタイルや付け心地で選ぶと安心

コンタクトレンズは、装着する人のライフスタイルや付け心地から選ぶと安心です。また、ソフトコンタクトレンズは、2週間交換タイプや1週間使い捨てタイプ、1日使い捨てタイプといった交換頻度があります。コンタクトレンズは、使用していくとレンズに汚れが付着し、眼病の原因となります。使い捨てタイプのレンズは、眼病のリスクを抑えることができる上、紛失や破損といったトラブルの心配もなく、比較的安全に使用することができると言われているんですね。ハードコンタクトレンズは、使用したら正しく洗浄し、保管しなければならないので、ソフトコンタクトレンズは取扱いがとても楽なので、近年の主流になってきています。

コンタクトで目が痛い時には小さなゴミが目に入っていることがあります。ですから目薬をさしてみるのが一番です。