TPOが大切!結婚式にぴったりのネイルを選ぼう

結婚式のネイルは失礼のないように

結婚式に参加する際、ネイルをする人も少なくありませんが、結婚式に相応しいネイルカラーやデザインを選択しないと、自分が恥をかくだけではなく新郎新婦の親族や職場の方にとても失礼になってしまいます。特に、親族として参加する場合、ネイルをするのはマナー違反で、服装と同様に控えめでなければなりません。どうしてもネイルをしたい場合は、ベージュやクリア系を選択し、一色塗りでデザインのない清潔感のあるものにしましょう。

友人や同僚として参列する場合は清潔感が重要

友人や職場の同僚といった立場で結婚式に参列する場合、ネイルはアクセサリーとしてではなく、清潔感を出すために行いましょう。結婚式は花嫁が主役ですから、肌なじみの良いベージュやピンク、クリアといった華美ではない色を選ぶとよいでしょう。ネイルに白を使うことはタブーではありませんが、できるだけ範囲が狭くなるようにポイント使いにしてくださいね。選んではいけないのは、ダークカラーやカジュアルなデザインです。暗い色は結婚式という幸せなイベントに暗いイメージを与えてしまいますし、カジュアルすぎるデザインは結婚式に相応しくありませんから、華美にならない程度にきれいなデザインにすると良いですよ。

シーンによってデザインや色を選ぼう

結婚式に参列する場合、主役である花嫁を引き立てるために、できるだけシンプルなものが良いですが、挙式や披露宴、二次会といったシーンに合わせてデザインや色を選びましょう。チャペルや神社での挙式は、厳正なる儀式ですから、ネイルカラーは清潔感のあるベージュやピンク、クリアで、一色塗りやシンプルな細めのフレンチデザインがおすすめです。披露宴の場合は、挙式より少しばかり華やかで構いませんが、できるだけシンプルに。カラーは挙式同様、ベージュやピンク、クリアを選び、ストーンをポイントに乗せてみるとオシャレです。二次会は、主役より目立たなければ比較的自由なので、パステルカラーにしたり、ラメやパールなどを乗せてみても良いですね。

ネイリストは資格を取得しておくと自宅でも開業できるため結婚しても続けやすい仕事として人気を集めています。